メディカルアロマセラピーとは

メディカルアロマセラピー

アロマセラピー(アロマテラピー)とは

アロマAromaは「芳香」セラピー(テラピー)Therapyは「療法」これらを合わせて、アロマセラピーAromatherapy、日本語では「芳香療法」と呼んでいます。

 

植物から抽出した天然の素材である精油(エッセンシャルオイル)を用いることで、心や身体にホリスティック(全体的)に働きかけて本来持っている自然治癒力を引き出す「植物療法」のひとつです。

 

メディカルアロマセラピーとは

精油が持つ薬理作用などに着目し西洋医学ではフォローしきれないメンタル面や未病(不定愁訴)などに対して精油を用いて総合的にケアする芳香療法で心身の不調・機能改善を目的に代替医療の一つとして医療や福祉の現場で導入されています。

 

日本の法律では精油は良い香りを楽しむ雑貨という扱いとなるため主にリラクゼーションや美を保つためのツールとしてのイメージが強いですが、フランスやベルギー、ドイツでは精油は薬のひとつとして扱われ、代替・補完医療としてメディカルアロマセラピーが活用されています。

また、精油を常備し日常的に用いているご家庭も多く、生活に根付いたものとなっています。

タイトルとURLをコピーしました